医院概要CLINIC OVERVIEW

理事長・院長挨拶

理事長・院長 林 謙治(はやし けんじ)

 当院は一人一人の患者さんと医師とが対話を尊重する”信頼と優しさ”を基本理念として1995年に開院しました。
 東胆振地区唯一の有床泌尿器科・透析クリニックとして、総合病院レベルの最新の医療機器(CT、X線透視診断装置、エコー、内視鏡など)を備え、複数の専門科の医師(泌尿器科、内科、腎臓内科、循環器内科)による良質な診療を実践しています。高齢化社会を背景に増加している前立腺肥大症では、薬物療法の他に経尿道的前立腺切除術などの手術を実施。尿路結石症に対しては内視鏡を用いたレーザーによる結石破砕治療や体外衝撃波による砕石手術を行うなどを実施しております。また、前立腺癌の早期発見のための泌尿器ドックや前立腺癌PSA検診も積極的に行っています。
 併設する腎透析センターは、ベッド数を42床に拡大。透析患者の高齢化や糖尿病性腎症の増加にともない、サルコペニアや日常生活活動の低下や下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)によって歩行困難に陥る患者が増えております。その予防のため当院では寝たままで自転車をこぐ運動ができる「仰臥位用エルゴメーター」とレジスタンス運動などの透析中の運動療法を導入し、患者さんからも好評を得ております。
 腎臓内科医、透析医である吉村朋真先生が中心となり透析患者のシャント手術やバスキュラーアクセス管理も当院で行っております。透析の導入から維持透析までの透析治療と希望により長期入院透析にも対応します。また当院では自力通院困難な透析患者さんには専用車両による送迎サービスも行っております。
 今後、これまで以上に慢性腎不全患者さんの透析治療法におけるクオリティオブライフ(生活の質)の向上をさせる取り組みを進めております。
さらに2021年4月より手術や透析経験の豊富な泌尿器科専門医である松田洋平先生が当院副院長として着任し、3名の泌尿器科専門医と腎臓内科・透析医と合わせて常勤医師4名体制で手術及び透析医療をさらに充実させ地域医療に貢献できるように尽力していきたいと考えております。


名称 医療法人社団 苫小牧泌尿器科・循環器内科
住所 〒053-0054
苫小牧市明野新町2丁目1-12
TEL/FAX 0144-57-0455/0144-57-8855
理事長・院長 林 謙治
診療科目 泌尿器科/人工透析/内科/腎臓内科/循環器科/皮フ科
入院設備 19床 個室あり
駐車場 30台